チャットレディーがビデオ通話で気をつけるべきことと稼ぐ方法

将来に不安を感じ、家庭で、スマホを使って副業をしたいと感じる人もいるのではないでしょうか。女性の間で評判を高めている副業の1つがチャットレディーになります。これは、18歳や20歳以上の女性であれば誰でもできる副業であり、スマホだけでできるので、仕事をしている女性や子育て中の主婦であってもすきま時間で実現できます。

ここでは、チャットレディーの仕事の1つであるビデオ通話をするにあたり、気をつけることについて紹介していきます。

まず、ビデオ通話をする場合は顔出しを期待されることがほとんどです。実際にビデオ通話は高いポイントを消費しますので、注意事項等にも「部屋を暗くしたり、顔を出さないなどということがないように」「顔を出したくなくても少なくとも口から下は映すように」など書かれていることが多く、基本的には口から下を相手に見せる必要があります。中にはマスクをしたままビデオ通話に応じる女性もいると言われています。

ビデオ通話をするにあたり、女性の多くが不安に思うことが個人情報の漏洩です。特にビデオ通話で見せ合いなどアダルトなことをすると、男性に録画されてしまってトラブルに巻き込まれるなどという人もゼロではありませんので、例えばマスクをするなど、自分の顔が100%見えないようにしておくことも大切です。また、ウィッグを使って自分のイメージを変えたり、メイクで雰囲気を変えても良いでしょう。もしも気心知れた相手で絶対に安心だと思えるなら、素の自分を出しても良いかもしれません。

その一方で、ビデオ通話に応じる男性は必ずしも多くありません。ビデオ通話は多くのポイントを消費するため、男性としてもポイントを使うだけの価値があると思ってもらえなければビデオ通話の相手にはなってもらえないのです。そのためにも、ビデオ通話をしてもらえるように自分の魅力を相手に伝える必要があります。

ビデオ通話をしたいと思うなら、自分の写真を多く掲載しておきましょう。プロフィールやブログに自分の写真を用い、自分の見た目を男性に知らせましょう。「色っぽい」「きれい」などと思ってもらえれば、「彼女とビデオ通話をしたい」と思ってもらえる可能性が高まります。

積極的に待機しておく方法も1つですが、待機している女性はポイント目的にも見えてしまい、ビデオ通話はなかなかしたくないと感じる男性もゼロではありません。そのため、待機してみて手ごたえが感じられれば待機を続けても良いですが、待機してもなかなか電話がもらえないと思うのであれば、いっそプロフィールやブログに掲載する写真を工夫し、男性に見てもらい、男性から「彼女とビデオ通話をしたい」と思ってもらえるように努力することも大切です。