アフィリエイトはもう稼げない?まだ稼げる理由について解説します

「アフィリエイトはもう稼げない」という話が最近は飛び交っていますね。
「企業が参入してきているから、個人では勝ち目がない」という意見もあります。
実際のところ、アフィリエイトは稼げないのでしょうか?もう副業として稼ぐのには限界があるのでしょうか?

今回は、アフィリエイトが稼げるのかどうかについて詳しく解説していきたいと思います。

結論から言うと、アフィリエイトはまだ稼げます。
少なくとも、副業として十分な収入を得ることは可能です。
では、どうしてアフィリエイトはまだ稼げると言えるのでしょうか?

確かに、最近のSEOでは企業が上に上がってきているのは事実です。個人の人は上がりにくい。それもまた事実でしょう。
ですが、より正確に言うと、「アフィリエイト界隈が安定してきた」と言えます。

2013年~2018年くらいまでの間、アフィリエイトはずっと流動的でした。時代の移り変わりが激しく、個人が強くなったり、企業が強くなったりと、様々な試行錯誤が起こっていました。
それは、個人も、企業も、そしてGoogleも、それぞれが試行錯誤に試行錯誤を重ね、時代の変化が早かったのです。
ですが、今はもう安定してきているのです。

「稼げなくなった」と言っているのは、この不安定な時代にたまたま個人が強かった時があり、「その時に比べたら、稼げなくなった」という話です。
ですが、より長い目で見れば、依然として個人でも稼げるというのが分かります。
個人ブログは、企業にはない強みがたくさんあります。
そんな強みを活かすことが出来れば、稼げる可能性は十分にあります。

では、具体的にどのようにしたら勝てるのでしょうか?それは、先に書いた通り、個人の強みを活かすことです。

例えば、ガジェット系のブログを運営していたとします。
企業にはない強みとしてあげられるのは、「実際のレビュー記事」ですよね。
実際に使ってみた感想は、企業の記事よりも個人の人が書いた記事の方が信頼できますよね。

他にも、企業の人が書かないようなニッチなキーワードもおすすめです。
そういったキーワードは未だに個人の人でも勝てる見込みがあり、そこを狙った記事をいくつも書けば、それだけで実質的にアクセス数がかなり伸びたりします。
このように、個人でもできることはたくさんあります。
そして、より安定的になっているので、「一気に収益が落ちた」という状況にも今はなりにくいと言えます。

「副業としてアフィリエイトを始めるかどうか迷っている」という方もいると思いますが、安心してはじめて良いと思います。